アンティークカフェオレボウル その54 フランス Saint Amand(サン・アマン)製 ブルー+虹色の発色が独特

1718年の創業されたSaint Amand(サン・アマン)製のカフェオレボウルです。

発色の研究がされていたそうで、こちらのボウルはブルーの単色ではなく微妙な虹色が発色する不思議なボウルです。

 

 

 

 

地味な柄のように見えますが、虹色ですし、今となってはキース・ヘリングのようですね!

とってもポップで、小さな柄も味わいがあります。

 

 

 

オリエンタルなデザインにも影響を受けているだけあって、日本のお部屋にもぴったりだと思います。

よくあるカフェオレボウルのデザインに飽きた方に!いかがでしょう。お勧めです!

 

 

 

 

 

 

年代   1950年代以前
価格  ¥7,500     プラス消費税
コンディション 大きな欠けやチップなどは見られませんが、薄いヒビや貫入が見られます。
サイズ  

径  13.3㌢

高さ 7.9㌢

 

メーカー フランス

Saint Amand(サン・アマン)

1962年閉鎖