アンティークホーロー 花柄ペール その2

アンティークホーローの良さは、本当に手が込んだ職人技のおかげで、アタリと言われる黒い傷や錆までもが風景となって楽しめるところにあります。

古い時代のホーローですが、職人の手書きの絵柄は当時の職人がいかに素晴らしい雑貨を作っていたかがわかります。

こちらはペールと呼ばれるバケツ型のアイテムですが、決してバケツとして使われていたのではありません。

女性の朝一番の仕事は、乳搾りだった時代。こうして道具にもつらい乳搾りを楽しくするようなデザインがされていました。

しかしながら、こんな豪華な装飾が書かれていたペールを使うのは、かなりのお金持ちだったのではないでしょうか。

アルプスの少女ハイジではありませんが、近年まで木の桶だったでしょう。

100年以上前のホーローだと思います。

 

特にこちらのホーローは、作りが繊細です。トップの部分が如雨露のようになっていて、真ん中にミルクが落ちる穴があります。

この部分はあるのは、今まで見たことがないのですが、このような作りに他の乳搾り用のペールもなっていたのかもしれません。残っているだけでもかなり珍しい物と言えます。

作りだけでなく、蝶の舞う野の花の繊細な絵に驚かされます。

都会で使われたものではありませんから、どことなく心が穏やかに楽しい気持ちになる絵柄が書かれたのでしょう。

 

どうぞ、大切にしてまだまだ活躍させてくださいませ♪

置いてるだけで大変雰囲気がありますし、中に何かを入れて蓋を取って楽しまれても素敵です。

このアイテムには真ん中に大きな穴がありますので、この穴を利用して素敵なフラワーアレンジメントで飾っても素敵でしょうね♪

ぜひお好きな方のもとで新たな長い時を再び刻み始めますように願ってやみません。

 

年代 ~ 1920年代

サイズ 一番大きなところの口径  26センチ

底部の口径       18.3センチ

真ん中にあいている穴の径   4.8センチ

上部の如雨露なしでの高さ     26センチ

丈夫の如雨露ありでの高さ    約30センチ

価格 ¥170,000    プラス消費税
コンディション 時代がかったアタリがあります。

アンティークホーローと理解してくださる方に。

メーカー 不明