ドイツ ローゼンタールStudio-line製 ビョルン・ヴィンブラッドデザイン 飾り皿 ギター(バラライカ)を弾く女性

ドイツの名窯ROSENTHAL(ローゼンタール社)は、日常の陶器の他に、ピカソやアンディ・ワォーホールなどの

当時としては若手で才能ある作家を採用し、芸術性の高い作品を製作していました。

それが、SUTUDIO-LINE と言われる工房です。

 

こちらはその中でも、ビョルン・ヴィンブラッドさんのデザインによる、とても作りおよい飾り皿です。

ギターをつま弾く女性に鳥も集まり、聞いているのでしょうか。

 

 

 

ローゼンタールとビョルン・ヴィンブラッドさんのタッグは長く良好な関係が続きましたが、こちらの飾り皿は初期のものだと思います。

どっしりとして、品質の良さが感じられます。

 

 

 

 

年代 1970年 から
価格 12、000円 プラス消費税
コンディション 良好です。
サイズ 19㌢ 角
メーカー ドイツ ローゼンタール(ROSENTHAL)
デザイナー ビョルン・ヴィンブラッド デザイン