1950年代 ビョルン・ヴィンブラッド(Bjorn Wiinblad 1918-2006 )デザイン マメ皿 SPRIG柄  スプーンレストやティーバッグ用に

戦後すぐの時代にデンマークにあったNYMOLLE窯。

室内で使う小さな陶器の製品を作っていました。ビョルン・ヴィンブラッド(Bjorn Wiinblad 1918-2006 )さんもデザインを提供していた一人。

この窯の風合いと相性がよかったのか、その後彼が独占的に使った窯となります。ビョルン・ヴィンブラッドさんの作品はこの窯によって、ますます味わいのあるものになっていきました。

この小さなマメ皿のシリーズは、1950年代につくられたもので、大変古い時代の作品です。

細かなデザインと、愛らしくて気持ちが温かくなる手触りと華奢な製品は、大変割れやすいものですが、今まで大事にされてきたのだと思います。通常はセットで売り出されたものですが、こちらは1つになったものです。

古いものでもあるので、大事に飾って、たまに手に取って楽しまれるのがお勧めです!

こちらは、fall秋の収穫の様子が描かれています。

春夏秋冬の4つのパターンで描かれたシリーズの春柄。つまり物語の始まりです。まだ少しよそよそしく初々しい二人の様子が印象的ですね。

 

 

 

 

 

年代 1950年代
価格 赤色と緑色、完品のものが各1枚づつ

消費税込み ¥4,000

定形外での発送ですので、送料は無料です。

 

緑色のもので、小さな欠けのあるものが1枚あります。

消費税込み ¥3,500

定形外での発送ですので、送料は無料です。

 

コンディション 時代を経た様子ですが、良好です。
メーカー デンマーク NYMOLLE
デザイナー ビョルン・ヴィンブラッド