SOHOLM スーホルム Noomi Backhausen (ノーミ バックハウゼン)デザイン 天使の陶板 1972年クリスマス製作 天使の陶板

バルト海に浮かぶBORNHOLM(ボーンホルム)島に、1835年に創業し1995年廃業した名窯SOHOLM(スーホルム)がありました。

この島には、陶芸家が数多く暮らしており、今でも200近い工房があるそうです。

SOHOLM窯では、紹介するこちらの愛らしい陶板をデザインしたノーミ・バックハウセン(Noomi Backhausen)ほか、今もコレクター心をくすぐるデザイナーが活躍しておりました。

ノーミ自身は1966年から20年以上デザイナーとして活躍したようです。この作品は彼女の脂の乗った頃の逸品だと思います。陶板の裏には、1972年と記されています。

説明不要のエンジェルの愛らしいモチーフです。この天使のモチーフはクリスマス記念というだけでなく、SOHOLM窯らしいマットで土の色を生かしたマットなタイプもありますが、こちらはブルーの彩色が効いてますね。もしかしたらクリスマス限定のブルーの彩色かもしれません。

壁にかける作りです。しっかりした重さがありますので、直置きされますことをお勧めいたします。

また、リフォームの際に壁に入れ込んでも素晴らしい空間になるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

年代  1972年 製作
価格 ¥32,000   プラス消費税
コンディション 割れカケなどはありません。完品と言える良い状態です。
サイズ 縦 17.5センチ

横 15.5センチ

 

メーカー SOHOLM窯 (スーホルム) デンマークノーミ・バックハウセン(Noomi Backhausen)デザイン