SOHOLM スーホルム窯 1960年代以前 子グマのフィギュア

バルト海に浮かぶBORNHOLM(ボーンホルム)島に、1835年に創業し1995年廃業した名窯SOHOLM(スーホルム)がありました。

この島には、陶芸家が数多く暮らしており、今でも200近い工房があるそうです。

SOHOLM窯のアイテムは素朴で今でも陶板や花器などとても人気があります。

 

紹介の子グマのフィギアは、大人気の猫のフィギアと並んでとっても人気があります。

全長8㌢、高さ7㌢ほどの本当に小さなものですが、愛くるしい子供の様子がよく表現されています。

猫のフィギアは、個性的なヴァリエーションがあり、ついつい集めたくなるのですが、こちらの子グマのフィギアは、ご紹介の1種類のみです。(また発見するかもしれませんが)

ただ色違いは存在するようで、それもコレクター心をくすぐりますね。

 

とても小さいので、どこでも置けます。

置いたとたん、 スーホルムワールドとなりますよ! 小さくて素朴な作りながら生命が宿っているかのようです。

小さな玄関や細い本棚など置くところを選ばないのも人気の秘密ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年代  1960年代
価格 ¥18,000   プラス消費税
コンディション 割れカケなどはありません。完品と言える良い状態です。
サイズ 高さ 7センチ

長さ 8センチ

 

メーカー SOHOLM窯 (スーホルム)