SOHOLM スーホルム窯 1960年代以前の代表作 くるくるしっぽの猫のフィギュア 立ってるタイプ

バルト海に浮かぶBORNHOLM(ボーンホルム)島に、1835年に創業し1995年廃業した名窯SOHOLM(スーホルム)がありました。

この島には、陶芸家が数多く暮らしており、今でも200近い工房があるそうです。

SOHOLM窯では、今もコレクター心をくすぐるデザイナーが活躍しておりました。今回ご紹介の猫はごく初期の作品で、Noom BackhausenかJoseph Simonのデザインというところまでわかっています。確証が出来たらまたお知らせいたします。。

 

この猫の作品は、数点(確認しているのは4種)のフォルム違いの作品があります。特にこの尾っぽがぐるぐるしている猫は人気があります。

このタイプはあまり見つかりません。座っているタイプと違って、立っているため倒れた時にしっぽのくるくるが破損してしまうからだろうと思います。こちらはしっぽの部分も日々もなく完品です。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、深い色合いが流石です!

1960年代、それ以前の作品だと思います。猫が飼えない方も、また猫が嫌いな方もずっとずっと大切にしたくなる逸品かと思います。

10cm in length – 11.5cm tall

 

 

 

 

 

ありがとうございました。 こちらのアイテムは、SOLD OUT いたしました。

 

 

年代  1960年代
価格 ¥19,000   プラス消費税
コンディション 割れカケなどはありません。完品と言える良い状態です。
サイズ 高さ 9センチ長さ 11.5センチ
メーカー SOHOLM窯 (スーホルム)